ブライダルビューティー

和婚の歴史

 神前結婚式が日本の伝統的なものという解釈をしている人がいますが、決してそうではありません。平安時代には、男性が女性の元へ通う「通い婚」という風習があり、女性の元へ通いつめた三日目に、お披露目の宴が催され、現代の披露宴に似たものが生まれたとされています。また、室町の頃、武家の良家などで、礼作法着衣として引き着物の上に白打掛が着用されるようになり、これが現在の白無垢の原点となります。

ブライダルフェア舞浜なら浦安ブライトンホテル東京ベイ
ブライダルフェア舞浜なら浦安ブライトンホテル東京ベイ。神殿、鴛鴦殿には縁結びの神社であり、日本で最初の神前式を行ったとして名高い東京大神宮の神様が祀られ、荘厳な雰囲気の中、夫婦としての誓いをたてることができます。ブライダルフェアでは神殿見学、和婚の相談会も開催しています。

 江戸時代に、民間においての挙式現在で言うが現在の「人前式」で、親類や近所の人々を自宅へ招いて結婚を誓いました。そして祝いの言葉をいただくことから「祝言」といわれはじめました。

 現代で多く見られる神前による挙式がスタイル化されたのは明治維新後。西洋化の流れの中で、日本人らしくという気運が高まり、とりおこなわれるようになりました。

東京銀座の婚約指輪・結婚指輪はシライシ
東京銀座で婚約指輪をお求めならシライシへ。ブライダルダイヤモンド専門店のパイオニア的存在である銀座ダイヤモンドシライシがおふたりの薬指に永遠の煌めきをお届け致します。
花嫁の夢や希望が全部叶う
新宿の結婚式場、ヒルトン東京なら花嫁の夢や希望が全部叶います。まずはブライダルフェアに参加して結婚式を疑似体験しよう。土日も平日も開催中♪
フェイシャルグッズ